月々8万の住宅ローン返済に関しては、やはりローンを組んで支払いを長い年月行う部分として、毎月の家賃が賃貸での契約で8万以上となれば、月々の負担も住宅ローンで軽減出来る状況となります。
住宅ローン控除を受ける事で年末のローン残高の1%が控除として所得税や住民税から返る事となり、賃貸よりも有利な状況となります。
しかし自分の所有として固定資産税を支払う事となり、そこで十万円ほどの支払いが発生すると賃貸の方が良い面もあります。
引越しを転勤などで行う人は中々分譲マンションや一戸建てを購入する事ではリスクも多い様で、そこで生活を送らないと控除を受ける事が出来ない状況となり、やはりその辺りは考えて契約をする必要があります。
月々8万の住宅ローンで返済が終えると支払いも管理費や修繕積立金だけとなり、負担する金額もずいぶんと少ない状況で取引を行えます。
まずは毎月の返済の8万が家賃代わりとしてローン返済を行える事で生活を送る流れとなり、条件的にどちらが有利な取引となるのかを判断すると、やはり住宅ローンで8万を支払う状況としても、いずれは自分の持ち物となって返済が完了する事となれば、ゆとりのある生活が送れます。

Comments Are Closed!!!