新築戸建てを作るときには、お金が物凄くかかることになります。
それは当たり前であるとしても、一括でお金を支払うことができるほどの用意があるならばよいです。
そうではなく、住宅ローンなどで借りる場合は、基本はつなぎ融資という形になります。
あまり聞きなれないでしょうが、このつなぎ融資と言うのはとても大事な概念であり、融資のやり方になります。
わかりやすくいいますと住宅が出来上がる段階ごとにつなぎの資金を融資するわけです
建売などであればそのまま買うことができますが、新築であれば、出来上がって行くこどの部分的な支払いがあります。
その料金の発生が起きるたびに住宅ローンとしての融資を受ける形になります。
これがつなぎ融資であり、珍しいことではないです。
着工金、中間金、更に引渡しの時の残金という三段階であることが多いです
あまりにも分割されるのは双方にとってそんなによいことがあるわけではないので、多くはないです
住宅ローンは目的融資でもありますから、キチンとそれに支払ったことを証明する必要もあります
これは領収証などを見せるだけでよいので、大変なことはないです。
やや特殊ではありますが、難しいやり方はないので心配不要といえます。

Comments Are Closed!!!